teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


○○の秋?

 投稿者:フトシメール  投稿日:2011年10月 7日(金)18時42分5秒
返信・引用
  この9月に塩野七生先生の『ローマ人の物語』の新潮文庫版が完結しました。単行本(余談。文庫本のことを単行本、新刊本を新書と思っている人が結構多いらしい。)では数年前に完結していたので、とうに読んでしまわれていた向きもあるかと思いますが、私は先日ようやく最終の43巻まで読むことができました。塩野先生のライフワーク(と言っても良いと思いますが、)の本書を読むと、今日キリスト教が共通の基盤となっていると思われがちな西欧世界も、もっと深い底流には異なる土台があるのではないかと考えさせらました。内容そのものから驚きとともに素直に感心させられることに加え、巻末の膨大な参考文献を見るだけでも「とても敵わない(当り前ですが)」と思ってしまいます。私は昔から速読読解力が不足しており、6-3の皆さんの中には何(十・百)倍もたくさんの本を読んでいらっしゃる方もおいででしょうが、少しは秋らしい話題をと書き込んでみた次第です。10月7日(金)  
 

大人の事情

 投稿者:T.G.  投稿日:2011年 9月26日(月)00時10分52秒
返信・引用
  大人の事情により今月一杯で終わってしまうという話題の小田急のドラえもん電車に乗ってきました。
子供がどうしても乗りたいと言うので・・・いや、半分は自分が乗りたかったので。
とても良くできているし、せっかく子供たちが喜んでいるものをつまらない理由で終わらしてしまうのは残念です。
ポ○モンジェットの方がよっぽど派手で、キャラクターの面積率も高いと思うのですが、何が違うんですかね?
 

ご無沙汰です

 投稿者:たくみ  投稿日:2011年 9月20日(火)21時48分50秒
返信・引用
  みなさん。すっかりご無沙汰しております。
お元気ですか。
フトシ、いつも掲示板に様々な情報を提供してくれてありがとう。
73号棟前がそんなに変わっているとは知りませんでした。
今度、様子を見に行きたいと思っております。
今年の夏休みは、社会人になって初めてと言うくらい
たっぷりと休みを取り、1歳10ヶ月になる息子を小諸の実家に連れて行ったり
遊園地に行ったり、鴨川シーワールドに行ったりと過ごしました。
息子はなぜか妻のことも私のこともママと呼び、
保育園に私が迎えに行ったりしたときに思いっきり「ママ、あっこ(抱っこ)」
と叫ぶので少々恥ずかしい思いをしております・・・
取り留めのない話題ですいませんが、久しぶりに
近況もかねて投稿しました。
それでは、また。

いのさん、そろそろまた何か企画したいね!!
 

76号棟?

 投稿者:フトシメール  投稿日:2011年 9月13日(火)19時15分20秒
返信・引用
   突然ですが問題です。Q:高幡台団地は何号棟まであるでしょう? A:73号棟まで。(解説)1~26までが分譲棟。27号棟は分譲の管理事務所兼集会所。28~73が賃貸棟。と、つい数年前まではこのような形だったと思います。ところが、ここ数年で73号棟の前に、74、75、76号棟(郵便局、診療所、集会所 順番は記憶が不確かですがご容赦)と新たに3棟の建物が作られ今年度に入って完成し、いよいよ使用開始されているようなのです。時代と共に団地の景色も変って行きますね。
 この他、昔のセイフーチェーンに替って定着するテナントが入らず、最近まで「出前市場?」という非常設の店舗でお惣菜や日用品などを売りに来ていたようですが、これも経営的には厳しかったようで、今年の夏ももって終了した模様です。現在は一部農協?の出張販売などはあるようですが、このままだと足腰に不安のあるお年寄など買物難民が発生するのではと思ってしまいます。あまり嬉しくない形で社会の一段面が垣間見られるのも複雑ですね。9月13日(火)
 

Be Jogger ?

 投稿者:フトシメール  投稿日:2011年 7月22日(金)19時59分26秒
返信・引用
  か○○たさん、は○もさん、この酷暑の中20㎞以上もの完走、超人的ですね。なでしこジャパンのみならず、益々日本は女性の時代ですね。私は先日居住地周辺の平地を軽く数kmジョギングしただけで、へばってしまいました。(夏バテ必至?)それにしても最近のランニングブームは大変なもののようで、つい先日も11月に岐阜県で開催される「いび川マラソン」(ハーフの部)という大会に、申込もうと思っていたのですが、エントリー開始から数日で定員超過により締切となってしまっていました。私は10年以上前から断続的に参加して来たのですが、折からのブームと3年程前から高橋尚子さんがゲスト参加されるようになって、拍車がかかったようです。不況の中でもランニンググッズは売上を伸ばしているとのデータもあるようです。以前に、都内のアシックスのショップに立寄った際のことですが、中高年とおぼしきご婦人が「先週から走り始めたところですが、ホノルルマラソンに申込んだので、そのためのシューズを選んで下さい。」とスタッフに相談されていて、びっくり仰天してしまいました。とは言っても、ランニングが流行ること自体、そして美ジョガー(自称・他称問わず)が増えること、スポーツ用品業界が、日本経済が潤うこと(ちと大袈裟か?)は、良いことですよね。お二人を始め世の美○○ガーの活躍を祈念いたします。7月22日(金)  

小布施見にマラソン

 投稿者:かーばた  投稿日:2011年 7月18日(月)02時48分36秒
返信・引用
  お久しぶりです!
実は今日、はらもと一緒に長野県小布施のハーフマラソンに参加してきました!
いやいやいやいや・・・。なかなか暑くて、低血糖と脱水症状を起こしてしまいましたが・・・死ぬかと思った。なかなか良いマラソンでした。
今度は点滴を持っていこう・・・。


ところで!
ふーちゃん!
「もしドラ」なんですが・・・私は読んでみました。
で、笑える話・・・。あの作者はたぶん同い年。で、程久保小かと…。
勝手に推理して、岩崎さんにファンレターを書いてみました。

そしたらそしたら…返事がきまして…。
程久保小のこと、同い年のことは残念ながらノーコメントでしたが・・・。
お返事をもらえたことに感激!でした。
また、「もしドラ」の次に出された「エースの系譜」はなかなか良かった。
当時の甲子園のヒーロー(愛甲君や早稲田の荒木大ちゃん・・・池田高校の蔦監督など)の話が出ていて、思いっきりあの時代を懐かしんでしまう本でした。


これもよろしかったら是非!


あ。8月に飲み会しますよ!みなさんに声かけましたよね!
よろしく!
 

グルメ?のTGさんへ

 投稿者:フトシメール  投稿日:2011年 5月31日(火)19時33分3秒
返信・引用
  ご当地ものを満喫されているようで、実に素晴らしいです。ひつまぶしは大抵の方が喜んで下さると思います。ういろは一昨年の高幡周辺探訪イベントの際、参加者の方にも味見代わりにお配りさせて頂きましたが、気に入って頂けたでしょうか?コーヒーと同じ値段で軽食が付いて来る?というモーニングも名古屋の名物の一つなのだそうです。他には寒い季節には味噌煮込みうどん(山本屋の名前で市内周辺に幾つか系列の支店あり。)も試してみてはいかがでしょうか?鍋焼きうどんと似ていますが、赤味噌のだしが辛めです。あと麺の腰がかなり強いのですが、「生煮えか?」と思って驚かないように。
名古屋近郊の名所では、近鉄特急若しくは高速道路で約2時間程で、伊勢神宮にアクセスできます。特段神々深くない私でも厳かな雰囲気が感じられる?ここでは、赤福という小豆あんのお菓子が有名です。数年前、製造工程の不正が報道されたことがあり、こちらでご存知の方も多いのでは。現在は汚名挽回できちんとした商品を出されていると信じています。
地域性の偏った話題で恐縮でした。それではまた。5月末日。
 

Re: TGさんのコメントを受けて

 投稿者:T.G.  投稿日:2011年 5月31日(火)00時33分30秒
返信・引用
  > No.55[元記事へ]

今回名古屋で食べたのは、朝食に喫茶店のモーニング、夕食にひつまぶしと手羽先と味噌カツ、お土産にういろうといったコテコテの名古屋名物ばかりでした。 まるで日本に来た外国人がフジヤマ、ゲイシャ、スモウを堪能するかのようで、改めて思うとちょっと恥ずかしいです。 でも、どれも外しはなかったですけどね。
明治村を調べてみました。 今回は子供中心で動いてしまったので、次回大人たちが楽しめる機会に行ってみようと思います。
 

TGさんのコメントを受けて

 投稿者:フトシメール  投稿日:2011年 5月29日(日)13時37分27秒
返信・引用
  TGさんに挙げて頂いた、名古屋三大観光スポット?は恥ずかしながら私はまともに見ておりません。①名古屋市科学館のプラネタリウムは改装前には何回か行ったことがあり、以前から解説が充実しているとして評価が高かったのですが、昨年の改装後来場者が増えて常に満席となる状況が続いています。改装後の科学館の展示は先日一部拝見する機会がありましたが、内容もなかなか工夫されていたようです。②リニア博物館は新規開館が大震災の時期と重なってしまったものの、矢張り混雑が続いているようです。市民としては近々に見ておかなくてはと思っています。③愛地球博公園には勤め先の会社行事(駅伝大会)があり、コース監視などの係でここ3年程毎年行っています。但し、残念ながらサツキとメイの家の中には入ったことがありません。
お奨めという程、知識はないのですが、個人的には明治村が良いと思いますが既に行かれて
いましたか?(確か日野高校の修学旅行でコースに入っていた時期があったようです。)
名所だけでなく、食べ物の話などもいかがでしょうか?また稿を改めてご報告致します。
それではひとまず失礼します。
 

お元気ですか?

 投稿者:T.G.  投稿日:2011年 5月28日(土)22時34分43秒
返信・引用
  皆さん、震災後の日々をいかがお過ごしでしょうか?
今回の震災は様々な業界に影響を及ぼしているので、皆さんも何かしらの苦労をされているのかと思います。
今後、様々な業界で今回の教訓を生かした復興を進め、何事においても強い日本を目指してもらいたいですね。

フトシ君、久しぶりのコメントありがとうございます。
実は今年のGWに家族で名古屋に遊びに行きました。
高速料金一律1000円が間もなく終わるというので、最後の恩恵にあずかろうと、わざわざ車で行ってきました。
せっかく来たからには話題スポットを回ろうということになり、結果として最も込みそうな場所ばかりになってしまいました。
3月に世界最大のプラネタリウムとなった「名古屋市科学館」、同じく3月にオープンしたばかりの「リニア鉄道館」、愛地球博跡地にあるとなりのトトロの「メイとサツキの家」を満喫しました。
次に行く機会があったら、もう少し名古屋の隠れ名所を訪問したいと思います。 フトシ君のお勧めはどこでしょうか?

先月、TBSの番組「噂の東京マガジン」で高幡台団地73号棟の耐震強度不足問題を取り上げていました。
その時の放送を録画したのでYOUTUBEにアップしておきました。
O野君、TBSにチクらないでください。

<前編> http://youtu.be/OsHKL11gtCE
<後編> http://youtu.be/o3K5MJLE594
 

もしドラの風景

 投稿者:フトシメール  投稿日:2011年 5月20日(金)22時01分7秒
返信・引用
  車のオイル交換も6ヶ月に1回は必要ですので、掲示板も定期メンテナンスが大切ですね。
さて、昨年秋にI上君がお声掛けしてくれた神楽坂の集まりで、T島さんが話題の「もし高校・・・ドラッカー・・・」の本に描かれているのが、日野高幡周辺だと教えてくれました。その後、アニメ化された30分×10回番組が何故かNHKで放映されていたようです。TV放映は断片的に見たのみですが、架空の「都立程久保高校」の周辺の住宅が高幡台団地に似ていたり、野球部の練習場所が団地外周の「運動公園」のようであったり、高幡不動尊の五重の塔らしきものが見えたりと、妙に見覚えのあるような景色が目に入りました。作者の岩崎夏海さん(字が間違ってなければ良いのですが)は、子供の頃程久保周辺で過ごした後、親の仕事の関係で海外暮らしも長かったのだとか。アニメの風景は原作者の希望で日野周辺をモデルにしてもらったとの話もあるようです。
ところで、私は「もしドラ」の本を読んでいません。その内、ブームが去って古本屋に出回ったら買ってみようかな?
それではまた。
 

すっごい、ごめん!

 投稿者:たに  投稿日:2011年 1月14日(金)21時03分38秒
返信・引用
  名前間違えるなんて、実に失礼な事!本当にごめんなさい!

でも、おかげで記憶が少し戻った…気がする(^_^;)逆三角形の顔も人違いだって気が付いた。メガネかけた真面目(そうな)ジュンイチロウ君の顔がボンヤリ(ボンヤリか!?)蘇ってきた(^_-)

しかし、つくづくみんな担任の先生とか、何組だっとか、よく覚えてるなぁ~って感心するわぁ(^o^;)覚えてない私が変なのかもしれないけど…。

たぶんジュンイチロウ君の言うとおり、高橋先生の時に一緒だったのかも~。
 

記憶があいまいになっている...

 投稿者:ジュン  投稿日:2011年 1月12日(水)07時18分37秒
返信・引用
   「たに」さん。お互い記憶があいまいになっていると思います。僕も何となく名前と顔を覚えています。一回同じクラスになっているんじゃないかな。ちなみに僕の担任は低学年の時は玉置先生、中学年のときは高橋先生、高学年は増田先生。中一は綿引先生、中ニは大野先生、中三は井川先生。ここまではほぼ間違いない。

 惜しいけど「ジュンイチ」でなく「ジュンイチロウ」です。まっちゃんとは中学では同じクラスにならなかったし、指揮者をした記憶はない。顔って逆三角形かな?自分の顔見るの好きでないんでよくわからないけどそうかもしれない。

 どこかで同じのクラスになっていると思う。おそらく高橋先生のときじゃないかな。でも僕も実は名前を見て6年の時同じクラスじゃなかったかなと思っているぐらい記憶があいまいです。

 「6-3 同窓会」サイトの「高幡を歩こう」レポート(原田君レポーター)で「この場所覚えています?」の写真の次に6年の時の集合写真を載せているじゃなですか。それの一番右下赤のい服を着た眼鏡を掛けた男の子が当時の僕です。今もあまり顔は変わっていないと思います。

 それにしても僕も気になりますね。どこで一緒だったんだろう。案外クラスがずっと違っていたりして...
 

ごめん…

 投稿者:たに  投稿日:2011年 1月11日(火)15時20分18秒
返信・引用
  ジュンイチくんの顔の記憶に間違いはない気はするんだけど、指揮者の記憶は人違いな気がしてきた´Д`ごめんなさい…全然記憶が蘇らないT▽T歳は取りたくないねぇ汗  

ちょっと、ちょっと

 投稿者:たに  投稿日:2011年 1月10日(月)22時04分53秒
返信・引用
  コジマジュンイチくん?私、タニグチなんだけど、覚えてるかな?たぶん、私の記憶に間違いがなければ、中1の時にまっちゃんも一緒だったけど同じクラスじゃなかった?先輩の卒業式で指揮者一緒にしたよね!?違う?マジメにやらないって、クラス中からブーイングされて、吊し上げされなかったっけ!?(ごめん汗やな思い出だねT▽T)
なんか、私は記憶が薄くて覚えが曖昧だから、人違いだったらゴメンねT▽T
ジュンイチくんの顔の記憶に間違いがなければ、逆三角形の顔してたはず!!

…なんだか失礼な記憶ばっかりてゴメンね~汗
 

名前書き間違えました

 投稿者:ジュン  投稿日:2011年 1月 9日(日)10時15分32秒
返信・引用
  今の写真を見てわかった人で「原田君」と書いてしまいましたが「井上君」の間違いでした。30年振りで名前を間違えてしまいました。申しわけありません。  

元6-2の小島です

 投稿者:ジュン  投稿日:2011年 1月 9日(日)10時10分18秒
返信・引用
  「高幡台小学校」でWeb検索したらこの掲示板にたどりつきました。その後松田君の日記サイトからメールを送ったら返信に「6-3クラス会」のリンクがあったので「6-3クラス会」サイトを見て懐かしさのあまり、隣のクラスの人間ですが投稿することにしました。

2つのレポートのコーナー、懐かしくて最高です。元高幡台小学校が消えつつある今、これは永久保存版です。

同窓会の写真。誰が誰だかわからない人が多かった中、河原君、原田君、遠藤君は当時の面影が残っていてすぐわかりました。

「クラス会」サイトと掲示板を立ち上げ、今の高幡台小学校をレポートしてくれた後藤君。大変だったと思いますが、本当に最高なものを提供してくれてありがとう。何かイベントやレポートがあったらサイトの更新をしてください。楽しみにしています。

僕は今百草園に住んでしいて、会社がモノレール沿線にあるので高幡不動へはよく行きます。見かけることがあったら声でもかけてください。昔と変わらないのですぐわかると思います。もっとも僕の事を覚えていてくれたらですが(笑)。
それではまた。
 

小学校の頃流行った遊び

 投稿者:フトシメール  投稿日:2010年12月 3日(金)21時20分5秒
返信・引用
  高幡台団地の賃貸地区と分譲地区の間に架かる橋から団地の背骨のように23号棟に向けて下っていく中央通路に沿って、排水用の側溝が付いていました。(今も付いていると思いますが。)あるときGTくん、YSくんと遊んでいると、小さい子供(我々も小学5、6年生でしたがもっと小さい子供)がその側溝にビー玉を転がして競争しているのを見て、野球のボールを使うともっと面白そうだ!ということになり、試してみるとよりスピードが出て迫力がありました。また、しばらくすると、ゴルフボールを使うと側溝の幅との大きさの相性?も良く、まさにレースという感じになりました。それから、我々は箒でコースの路面をきれいにして、区切りのところどころに深くなっている排水口には板などを渡してつなげて行くと、ついに2号棟・26号棟横から23号棟まで、恐らく総延長は優に100mを超える素晴らしいコースとなりました。それから数ヶ月は、元6-3の男子の相当数は、家から古いゴルフボールを持ち寄って通称「どぶレース」に熱中したものでした。今から考えてもなかなか面白く、珍しく世の中に迷惑を掛けない健全な(?)遊びでした。子供だからといって、もちろん何でも楽しいことばかりではなかったとしても、この遊びではケンカなどになった記憶がありません。
何の脈絡もないようですが、11月に書込みをしなかったなあと思ったらなぜか思い出してしまったものです。皆さんの子供さんの間ではどのような遊びが流行っているのでしょうか?〔12月3日(金)〕
 

ノストラダムスの予言は的中している?

 投稿者:フトシメール  投稿日:2010年10月25日(月)20時45分17秒
返信・引用
  TGさん。理論的な解説ありがとう。月には大気がなく、地球よりもずっと引力が弱いので、少い推進力でも重力圏を離脱できるということですね。

話は変って、「1999年7の月、空から恐怖の大王が降って来る。・・」という話を覚えていますか、小学生当時『大予言』I~Ⅲ?という本をN野くん他が持っていて、その表紙を見てはO野くんがしきりに怖がっていました。(私も怖かった。)当時「1999年には30歳代になったばかりで地球が滅亡してしまうのかな?」などと恐怖を感じていたものです。クラスの何人かで理科のN先生に「人間に余地能力はあるのですか?」と本気で質問したら「本当のところは解らない。科学的に証明できるれば良いのだけれど・・・」と真面目に答えてくれたのを思い出しました。今、21世紀に入って10年余りですが、人的、自然的な惨事に遭った人にとっては、ある意味で予言は当っているとも言えるのでしょうか? それではまた。10/25(月)
 

Re: アポロは月に行った?

 投稿者:T.G.  投稿日:2010年10月24日(日)01時08分41秒
返信・引用
  > No.43[元記事へ]

久しぶりに掲示板を見ました。 フトシさん、定期的にカビ対策をしてくれているのですね。

疑問視されている件ですが、私の考えはこうです。
ロケットの場合は重量の大部分を燃料が占めており、燃料を運ぶために燃料を積んでいるようなものです。 帰りは最小限の質量であれば、月面から離脱するのにそう多くの燃料は必要とはしないと考えられます。 また、空気抵抗が無いのも大きな理由かと思います。

こんなまじめな回答を求めていたのでしょうか?
週末レベルでもいいので、帰郷することがあればご連絡ください。
一部の方たちとは偶に平日夜、飲みに行ったりしています。
 

レンタル掲示板
/4