teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2012年、明けましておめでとうございます

 投稿者:編集者メール  投稿日:2012年 1月 3日(火)12時36分59秒
   今年の正月は例年のように、大王崎からの初日の出を見て、伊勢神宮に初詣をし、水越峠から金剛山を登って帰りました。
 昨年は、激動の年でした。東北の大震災と福島原発事故。明るい話題は、なでしこジャパンの優勝と、錦織が世界NO1のジョコビッチに勝ったこと、私的には、11歳以下のジュニアが成績を残したことです。
例年、31日は、今年を振り返って午後からラジオの毎日放送を聞きながら大王崎に向うのですが、今年は30日に「たね蒔きジャーナル特集」として、印象に残ったゲストが呼ばれていました。小出裕章、山本太郎、漫才師のおしどり等。京大原子炉実験室 助教の小出さんが言うこと「騙された者には、騙された責任がある」原発は、安全だという神話に騙された人達に対して。(過去には、神の国神話に騙されて、戦争へと突入した歴史があります。)山本太郎、漫才師;おしどり。収入が1割になりながら、反原発を訴える。現在、唯一真実を報道してくれる番組、毎日放送ラジオ;平日夜9時からの「たね蒔きジャーナル」。
錦織は、今年トップ10入りを目差して、結果を残して欲しいです。力は既にあります。今日、ブリスベーンの大会は、1回戦を勝ち上がりました。
 今年も、元気な人達に力を貰いながら、3人の人格、強気で元気な兄ちゃん、ひ弱で泣き虫の弟、ズボラで快楽主義者の3男(肉体)を、コントロールして、やって行きたいと思います。今年も、宜しくお願い致します。生かされている命を大切に。
 
 

2011年になりました。明けましておめでとうございます。

 投稿者:編集者メール  投稿日:2011年 1月 2日(日)02時17分12秒
   元旦は、正月寒波によって、いつもの大王崎からの初日の出を諦めて、六甲山最高峰から初日の出を見ました。7時12分、雲の間から出ました。山頂は70人位かな、予想より少なかったです。道路は積雪20cm位あったのですが、帰り道で、反対側からパトカーが追い越しをかけたまま止まって道を塞いでいて、下り坂なのにブレーキをかけるしかなく、横滑りして恐かった。4輪駆動ですが、横滑りにはどうしようもない。何とか距離があったのでぶつからずにすみました。雪道では、下り優先をドライバーのマナーに入れて欲しいなあ。
 31日、いつものニュースタックルを聞いていると、今年はノンフィクション作家の関川夏央が出ていました。話題は、リーダーとはどういう人が良いかでした。日本の国が外国から危機にあった時、明治時代を例にあげながらの会話でした。あまりに際過ぎる人は駄目で、死んでしまったそうです。自分の主張をしながら、グレイゾーンで事を治めることが出来る人物が良いらしい。明治時代もそうですが、日本人は当時よりも更に民度が高くなっているとのこと。だから、現在の首相で持っていると。しかし、中国よりと言われていた、あの朝日新聞が、中国は黄海、南シナ海が自分の領海だとする思想を、実行に移そうとしていると報道しています。空母を作っていて、一気に無人島から占領、中国の周辺の海や、小島も占領する。尖閣列島も危ないです。その中国を相手に、日本のリーダーは、しっかりしないと。
 川村妙慶のブログを見ていますが、31日は、「矛盾だらけの人生を考える」でした。国家間の紛争も、個人間の対立も、心の中の葛藤も、本質的には同じです。グレイゾーンで、どう治めるか。昨年読んだ、サンテグジュペリの「星の王子さま」には、「心だけが正しくものを見ることができる。本当に大切なものは目にはみえない」この言葉は、偉大で凄いですね。
 今年は、相手の自己主張を聞き、自分の自己主張をはっきり自覚しながら、どのようなグレイゾーンで治めるかが、課題です。
 今年も、よろしくお願いします。
 

2010年、あけましておめでとうございます

 投稿者:編集者メール  投稿日:2010年 1月 5日(火)11時39分48秒
編集済
   元旦は、ここ数年のように、初日の出を志摩半島の大王崎から見て、
伊勢神宮で初詣をしました。伊勢神宮は、中央拝殿にこだわったので、
約2時間並びました。
 31日は、一昨年と同じように、ラジオを聞きながら現地に向って
いましたが、昨年は、瀬谷ルミ子が出演していました。私は、全く知らない
人でしたが、NHKのプロフェッショナルに出ていて、世界で知られる日本人
100位に入っていました。
 NGO武装解除紛争予防事務局長、32歳、群馬で、熊は見たが外国人は、
見たことがない環境から、新聞に載ったルワンダの子供の1枚の写真から、
出発した。紛争地域で、紛争に巻き込まれた人達から、武器を捨てさせて、
人生に選択肢を与える。生まれてから、武器を手にすることしか選択肢が
なかった人達に武器を捨てさせる。しかし、既に人を殺していて、
殺された人達は,反撃しようとする。このスパイラルをどうやって、普通の
生活が出来るようにするか。
 世の中、デフレスパイラルです。経済も、紛争地も、テニスさえも、
負の連鎖から抜け出すにはどうするか。明るい方向に目を向ける。そして、
ある範囲での、成長と希望を見出すことではないかと思います。
  本年も、宜しくお願い致します。
 

2009年、あけまして、おめどとうございます

 投稿者:編集者  投稿日:2009年 1月 4日(日)08時51分49秒
   あけまして、おめどとうございます。元旦は、和歌山の潮の岬で、初日の出を見ました。残念ながら、少し雲がかかってました。その後、熊野那智大社、那智の滝、新宮の熊野速玉大社、熊野本宮大社に参って、大嶺奥駆道の南端、七越峰に登りました。七越峰から、下る時に、1本の杖がありました。ステッキを持たずに下りてしまい、それを支えにして、下りました。誰かが、誰かの為に、置いていった1本の杖。大晦日に聞いたラジオの対談、竹中平蔵とその後、中谷だったかな、経済学者の話を思い出しました。竹中さんは、自説を曲げず、アメリカの経済方式を曲げず、中谷さんは、それを完全に覆して、懺悔しているとのことでした。今まで、やってきたことを、完全に覆して、懺悔していることに、感動しました。アメリカ2億5千万人の中、5千万人が、健康保険に入れないらしい。そんな、凄い格差社会であること。それを、日本の平民、平等社会感覚に当てはめるには、無理があったと。私にも、自分のことで、捕らわれすぎていることに対して、1本の杖を忘れてないかと、反省しました。大峰奥駆道、「六根清浄」「六根清浄」「懺悔」「懺悔」
 自分なりの力で、頑張りましょう。本年も宜しく、お願いします。
 

2008年大晦日

 投稿者:編集者  投稿日:2008年12月31日(水)12時30分25秒
編集済
   今年も、遂に大晦日を迎えました。今年も、レッスン、試合等、多くの人に来て頂き、ありがとうございました。今年は、元気な人と、エネルギーの少ない人の差が大きく、元気な人の為に、シングルスの試合を作りました。元気なジュニアと張り合って、試合を楽しみながら、上達を図りました。只、テニスの動きは、瞬発力的な運動が多くて、歳と共に、筋肉が脆くなりますから、ストレッチをしっかりして、柔軟性を高めながら、楽しんで下さい。
 コーチとしては、理論的な手法が、かなり確立された気がします。個人的には、北鎌尾根完全縦走が出来たこと、自分史が埋められつつあること、社会的には、恐慌にも似た不況になりつつあることです。元気で、来年を迎えましょう。
 

北鎌尾根完全縦走

 投稿者:編集者  投稿日:2008年 8月17日(日)08時58分5秒
  「北鎌尾根完全縦走」
お盆は、昨年のリベンジで、北鎌に行きました。沢登として、わらじを用意し、懸垂下降用として、ザイル,ハーネス、エイト環、カラビナ、ハーケン、スリングと万全の装備をして、食料;3日分、水7リッターを用意しました。水俣川に入って、後から、追い付いた人がいました。同じ北鎌だったので、とりあえず、一緒にいくことになりました。千天出合に来て、P2の取り付きに来ると、一緒に行きたいと言って来ました。彼は、貧乏沢から、北鎌右俣コースだったのですが。私の装備は、ほぼ、万全でしたが、彼は、沢登用の地下足袋を履いて、水、食料2日分、ロッククライミングの装備は、皆無でした。懸垂下降等、ロッククライミングがあるのに、装備無しで、どうして、渡るのですか。彼は、どうにかなると言い張りました。私は、命の保証は無いですよと言いました。P2頂上の手前で、ビバーク。小雨の降る中で、どうしたら、懸垂下降が出来るかばかり、考えていました。P2、3、4の頂上を越えて、P4とP5のコルに来ました。ハーケンが2本打ってあり、スリングがありました。懸垂下降です。10メートル位ですが、これをしないと、滑落の危険性がある所です。まず、私が、空荷で降りて、荷物を降ろして、ハーネスが、幸いにも彼に装着出来たので、付けて貰って、下降しました。不安な所は、ザイルを渡し、荷揚げ等、万が一に備えました。ルートミスを2回しましたが、こうして、切り抜けました。ようやく、3日目の午後3時過ぎに、槍の頂上に立ちました。雷雨の中、ただただ、安堵するばかりでした。
このコースは、山登りの総合力が試されるコースです。体力、気力、沢登り、ロッククライミング、そして、ルートファイティングの5つ、全部揃わないと、縦走出来ません。コースミスをした時に、自己脱出を図れる、装備をしていないと、ヘリコプターを呼ぶことになります。しかし、雨や霧の時、周囲に人がいないとそれも出来ません。
今回は、何故か、装備のない人を、背負うことになり、どうしたら、頂上まで辿り着けるかしか、頭が回らなかった。達成感は、殆ど無く、安堵感が120パーセントでした。しかし、3回目は、危機に瀕した時の、人間模様を、見せてもらいました。コースミスをして、他人に教えて貰っても、自分は教えない人、ザイル確保をしてくれた夫婦、リーダーを先頭に、新たな道を行く、チーム等。皆さん、ありがとう。そして、北鎌よ、ありがとう。
 

北鎌尾根;YAHOO検索で1位

 投稿者:編集者  投稿日:2008年 1月21日(月)21時38分20秒
   昨年、北鎌尾根をYAHOOで検索したら、何故か5位になっていましたが、久々に、検索すると、1位でした。どういう方法でランクを付けるのかは、知らないのですが、何でも、1位は、凄く嬉しいです。以前に、試合に出ている時は、優勝という、1位があったのですが、出なくなると、1位は中々無いです。アスリート感覚が、中々抜けないなあ。夏の北鎌への励みになります。ちなみに、槍穂高縦走は、2位です。  

2008年です。明けまして、おめでとうございます

 投稿者:編集者  投稿日:2008年 1月 2日(水)08時04分42秒
   明けまして、おめでとうございます。1日は、志摩の大王崎で、初日の出を見て、波切神社にお参りをして、伊勢神宮に参り、金剛山に登って、葛木神社にも参拝しました。3回も参ったから、御利益があるのか解りませんが。赤福は、無期限営業停止で、やっていませんでした。
 最近は、紅白歌合戦を殆ど、見たり、聞いたりしなかったのですが、31日は、久々に聞きました。すぎもとまさとの「吾亦紅」が聞きたかったからです。この歌は、亡き母を、偲んだ歌ですが、私も万感の思いで、聞いていました。母のことを、貴女に謝りたかったと唄うのは、辛い気持ちです。私も、もっと大きな心の、人間になっていて、貴女を包みたかったと思います。そんなことを、考えていて、私も、まだ、使命感を達成していないことに、気がつきました。人夫々、使命感が与えられていると、思うのですが、それを自覚している人と、していない人の違いなのでしょう。私が自覚する使命感に向って、今年も力を尽くしたいと思います。
 今年も、元気で、目標に向かって行きましょう。
 

2007年も、押し詰まりました

 投稿者:編集者  投稿日:2007年12月31日(月)14時28分52秒
   2007年も、後10時間になりました。世間は、偽装事件もあったり、政治も大変でした。何を、信じてよいのか、判らないですね。皆、自分の我で動いたり、喋ってしまうので、何も信用出来ないです。そもそも、人間そのものが、自然、地球に対して、我ままな所に、起因するのでしょう。
 個人的には、元生徒が、東大に入ったり、ジュニアの生徒が、中学の部活で活躍したりと、嬉しいこともありましたが、今年の夏が厳しかったこともあり、身体が、曲がり角に来ている、感じがしています。工夫と、努力も、限界もあるのでしょう。川村妙慶のブログを見ながら教えられ、何とか、乗り切りたいです。
 皆様、良き年を迎えて下さい。
 

2007年夏休み

 投稿者:編集者  投稿日:2007年 8月17日(金)19時40分20秒
   今年の夏休みは、以前から計画を立てていた、北鎌尾根の完全縦走を目指しました。しかし、完全に敗退して、帰ってきました。テニスと同じでした。レベルが高くなると、弱点を突かれて、負けてしまう。弱点は、渡渉経験の無さ、用意の無さでした。渡渉を使えない場所が、最後に出てきて、得意の高巻きを使ったのですが、それも駄目で、それに伴って、水不足を引き起こして、頂上にビバークしました。初めてのビバーク、疲労、水不足の不安で殆ど眠れなかった。翌朝、緩尾根を下って、最後の急な崖を降りて、下山しました。テニスも、ある大会で優勝するには、大きな弱点をなくさないと、駄目でした。私の場合、ボレーが戦力として使えるレベルになって、勝ち始めました。帰って、お墓参りをしなさいという、啓示を受けて、故郷でお墓参りをしました。  

レンタル掲示板
/10