teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


プログラミングの楽しさ

 投稿者:ひでうし  投稿日:2018年 6月15日(金)19時52分0秒
   ΥΨ どらさん ΨΥ

 コメントありがとうございます。今ではHyperCardの事を話せるのはここくらいしかないですね。
思い出話にするにはもったいないソフトなんですけどね。
HyperCardでパソコンの楽しさとプログラミングの喜びを知りました。
 本当の、まったくの初心者が自分が使いたいソフトを「ある程度」手軽に作れるということに心から喜びを感じました。
それ以来、HyperCardを触らない日はないくらいで数年が過ぎました。
 その後、REALbasicに移行しましたがなかなか慣れませんでした。それで発想を一転して、REALbasicの文法をそのまま使うのではなくHyperCardライクな関数を自作してそれを使うというやり方でした。
これは個人的には大成功でした。
 わたしは文字の操作が好きなのですが、CやBasicの標準の文字関数はプアなんです。
HyperCardのようにPut char 1 to 3 of Test into char 3 to 4 of Test2などのように操作することが面倒です。
それで、関数を自作してHyperCardの発想でのプログラミングができるようにしました。
 Xojoは日本でのバックアップから撤退するようですし、個人で楽しめるプログラムの世界も先細りになりそうです。
 
 

イメージトレーニング!

 投稿者:どら  投稿日:2018年 6月14日(木)16時13分44秒
  何故かふと気になってまた来てしまいました。
思えば、今では push notification で何かあった事が知れますけど、当時は掲示板を見に行くのがちょっとした楽しみでしたよね。。。懐かしいです。(見てみたらメールで書き込み通知っていうのはこの掲示板にもあるんですね)

購入前にイメージトレーニングってすごいですね…!
でもすごい楽しそう(笑)

やっぱり趣味で自分の作りたいものを自分の作りたい様に作るっていうのは、仕事とはまた違った楽しみがあるものですよね。私もそういう活動またしてみたいです。
 

なつかしい

 投稿者:しろうさぎ  投稿日:2017年 8月 1日(火)16時28分49秒
  学生時代に HyperCard でプログラミングを覚え、スタックをWebで公開したり雑誌に掲載されたりしていました。その後 REALbasic を経て、現在は起業し、C++でごりごり専門分野のソフトウェアを作っています。もちろん食えていますよ。
日本語が書けるからといって小説家になれるわけではないのと同じで、プログラムが書けるだけでは良い収入を得るのは難しいです。これはすべての分野にいえることでしょう。
 

本当に久しぶりに来ました

 投稿者:ひでうし  投稿日:2017年 6月20日(火)22時58分35秒
  ハイパーカードって、とてもパーソナルなツールであって、プログラミングの楽しさを知るためのものであって、それで生計を立てていくものではないと個人的には思っていました。
プログラミングは好きだったので、それで生活していければそれはそれで楽しいだろうなと思ったことはもちろんありましたけど。

わたしは、ハイパーカードが使いたくて仕方がなくてマックを購入する2年も前に専門書(と言っても入門書ですけど)を購入してイメージトレーニングをしていました。
初めて買ったマックはMacintoshclassicです。
当時の非力なマックにはとても重いソフトで、起動するのに数分かかるという世界で、とてもではないけどこれで商用ソフトは作れないなと思いました。
しかし、全くの初心者にも優しいソフトだったので徐々に深みにはまりました。

その後は、SuperCardやRevolution、Realbacicを経てXojoを使っています。
いわゆるプログラマーではありませんが、今でも細々とプログラムを作っています。
Cはどうしても好きになれず、PascalのDelphiは少し使いました。Windows向けにはVisualBasicも使いましたが、これはハイパーカードよりもっと商用ソフトは作れない環境でした。
 

1つ言い忘れました

 投稿者:どら  投稿日:2017年 3月 2日(木)04時03分16秒
  1つ言い忘れました。私は会社の中では高給取りではないですが、一応生きていけるくらいの給料はもらえています。  

何があったんでしょうか

 投稿者:どら  投稿日:2017年 3月 2日(木)03時59分14秒
  2年もウォッチしているってある意味すごいですね。。。
もう何年前か分かりませんが、20年近く前に小中学生くらいでスタックを作っていたものです。

何を話せばいいか考えたのですが、とりあえず2つ書きます。

1)HyperCard は「迷える勘違いエンジニアを量産した」か?
2)今私が何をしているか?

1について。結論としては、一定数は「した」でしょうね。でもそこが入り口となって大きく羽ばたいた人も中にはいるはずです。2でも少し触れますが、いつの段階で HyperCard よりも広く深いプログラミングの世界に触れたか次第ではないでしょうか。HyperCard はあくまでスクリプトですし、やれる事も相当限られていますし、オブジェクト指向という事でもないですし、色々「入門向き」であったとは思います。ですが、入門向きである事を認識して「じゃあもっと深い所に触れたらどうなるんだろう?」という学びへの意欲があれば C でも Java でもアセンブリでも学べた事でしょう。

2について。私は残念ながら「大きく羽ばたいた」タイプではないです。最初に書きましたが私も小学生くらいの時に初めて Mac を買ってもらい、HyperCard に触れて、プログラミングの世界に入りました。そこから HTML や JavaScript、Perl、PHP、Java、Ruby、C# などなど色々な言語を触りました。ですがかなり上層(HyperTalk)から入ったため、下層に関する知識やプログラムを構築する時の構造に関するテクニックは乏しかったのが実情です。現在では某 IT 企業で Unity のエンジニアをしています。Unity では iOS や Android のネイティブアプリを開発するため、下層の知識も必要になってきます。今になってですがそこを学んでいっている所です。かなり遅くなってしまったものの、逆にそこができればもう自分は恐いものはないなと思っているので、なんとか克服したいなと思っています。

この経験から、私が「もっと早く知りたかったな」と思っているのは、
・下層の知識(CPU やメモリの動き方、アセンブリなどの知識)
・プログラムの構造に関する知識(オブジェクト指向の考え方やデザインパターンの考え方)
ですね。

何があったのかは分かりませんが、そういった体験を後輩に教えてあげたらいかがでしょうか。
 

Re: Re: Re: Re: Re: Re: Re: Re: Re: HyperCardって・・・

 投稿者:勘違いエンジニア  投稿日:2017年 1月19日(木)02時15分3秒
  否定しないってことは、知ってたということでよろしいでしょうか?  

Re: Re: Re: Re: Re: Re: Re: Re: HyperCardって・・・

 投稿者:勘違いエンジニア  投稿日:2016年11月14日(月)12時41分5秒
  プログラミングで食ってはいけないってことは知ってましたよね、先輩方?  

Re: Re: Re: Re: Re: Re: Re: HyperCardって・・・

 投稿者:勘違いエンジニア  投稿日:2016年11月10日(木)01時17分42秒
  言い返さないってことは図星だったりしてね  

Re: Re: Re: Re: Re: Re: HyperCardって・・・

 投稿者:勘違いエンジニア  投稿日:2016年10月21日(金)02時35分12秒
  1年以上もシカトするつもりですか?  

レンタル掲示板
/60