teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


re Exifs

 投稿者:ひでうし  投稿日:2018年 9月22日(土)08時10分43秒
  HyperCardを扱いだした最初の頃は、「これで生活して行けたらいいだろうなー」と、一瞬考えたことはありますが、実際仕事にしたら大変なんて物じゃないですよね。
でも、アルゴリズムを考えるのとコーディングは本当に楽しいですね。
どちらも、経験を積むと深まっていきますものね。
ま、もっともわたしの場合は大した成長ではありませんが。
この頃は随分プログラムからは遠い生活をしていますが、一時期はコーディングしない日はなかったですね。
とにかく触っているだけで楽しいという感じでした。
 年も取ったし、生涯学習として細々とでもいいのでプログラムは続けたいと思っています。
ボケ防止にも役立つかも。
 
 

re Exifs

 投稿者:udi  投稿日:2018年 9月19日(水)22時46分43秒
  >一つ形になると次にまた機能アップの構想が生まれるというのは確かですね。だからプログラミングはやめられない。
業と言うより、それを楽しむのがアマグラマーだと思います。

 ですね。プログラミングに限らずアマスポーツとかも。適度な向上心と適度なストレス、んで解消されると天国(笑) 仕事にはしたくないですねぇ。
 

re Exifs

 投稿者:ひでうし  投稿日:2018年 9月19日(水)17時52分52秒
  青森についた翌日に台風21号が北海道に来ました。
日本海側に走って回避しました。
数日遅れていたら地震に直面したと思います。ニュースで聞いて、幸運だったと思うより現地の混乱に心が痛みました。

Exifs06は90点以上と言って良いと思います。これ以上のスピードアップはCなどで外部関数を作るしかないんじゃないでしょうか。
それは一般の使い方を超えてしまっていますしね。
 一つ形になると次にまた機能アップの構想が生まれるというのは確かですね。だからプログラミングはやめられない。
業と言うより、それを楽しむのがアマグラマーだと思います。仕事だったら苦痛以外のなにものでもないでしょうけど。
 バグが解消しないときは本当に罵りと怒りの連続ですが、それが解消すると「オレはなんてクールなんだ」って自己満足に浸れるのがまたいいものです。
 

re Exifs

 投稿者:udi  投稿日:2018年 9月19日(水)17時12分11秒
   おお、ご無事でなによりです。結構危なかったんですね。

 Exifs06 は80点から90点の出来です。どこで妥協したらいいのかが分からない(笑) もう少しサムネイルの読み込みを早くしたいのですが、これが限界かなぁ。

 あと、サムネイル表示エリアを広くして20枚くらいを一度に表示出来るようにしたら便利だなぁ、とか、いっそフィールドを無くして tooltip でデータを表示するモードを作ったらスッキリするかなぁとか、自分で「作る人間の身にもなってくれ」と突っ込みたくなるようなアイディアが浮かんだりします(笑)

 makeSMF もバグと格闘中です。なんですかね。業ですかね。
 

re Exifs

 投稿者:ひでうし  投稿日:2018年 9月19日(水)11時17分17秒
  台風21号と胆振東部地震を、きわどく避けて北海道から本州へと渡り15日に帰宅しました。

Exifs06起動させて頂きました。
画面がすっきりと綺麗に配置されましたね。
画像の拡縮もできるようになっていますし、ユーザーの使い勝手に対する配慮がしっかりされていますねー。
相当な時間がかかったことと思います。
それに見合った仕上がりになっていると思います。

MIDIの事は全然知らないのでなんとも言えないですね。
ただ、16年ぶりの更新というのは実現すれば本当にすごいです。

RunRevはHyperCardより長寿命でしょうね。ただ、HyperCardの精神は脈々と続いているというべきでしょうか。
 

makeSMF

 投稿者:udi  投稿日:2018年 9月17日(月)18時57分21秒
  の Linux 対応版を作ってます。その過程で、QuickTime X が MIDI を扱わないことを知りました。うーぬ。

 現状 QuickTime 7 をインストールすれば MIDI ファイルを再生出来るようですが、最新 OS X と LiveCode の組み合わせでどのような動作になるのかが分からず、なので新しい makeSMF のリリースに二の足を踏んでます。そもそも今更 MIDI に需要があるのかどうか..

 ちなみにもしアップデートとなると、getExif の 12年を越えて、16年ぶりの更新です。すごいですねー。もしかして LiveCode(RunRev)って HyperCard より長寿命?
 

re 現状報告

 投稿者:udi  投稿日:2018年 9月12日(水)21時19分14秒
   おー、優雅! お気をつけて。  

現状報告

 投稿者:ひでうし  投稿日:2018年 9月 9日(日)09時51分46秒
  現在長期ツーリング中です
帰宅したらゆっくりコメントします
 

Exifs

 投稿者:udi  投稿日:2018年 9月 1日(土)10時12分0秒
   メニューを付けたのを期に、ついに公開してしまいました。細かいチューニングと、細かい小細工と、細かい不具合がテンコ盛りです。疲れました..(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/udimac2018/56757028.html
 

re Exifブラウザ

 投稿者:udi  投稿日:2018年 8月23日(木)22時32分40秒
   バグと言えばこれも RunRev 時代からあるバグで、設定したボタンアイコンが消えると言うのがあります。で、今んとここれで対処出来てます。

on openStack
   --
   send "postOpenStack" to me in 1
   --
end openStack

on postOpenStack -- reset button icon
   repeat with B = 1 to ( the number of btns )
      put the icon of btn B into iconN
      if ( iconN is not empty ) then
         set the icon of btn B to empty
         set the icon of btn B to iconN
      end if
   end repeat
end postOpenStack

 この send -- in 命令はちょっと面白くて、時間を設定出来る send 命令です。ここでは「 1 ticks後」を指定しているので、openStack スクリプトの実行が終わったあと、idle 状態になる直前に send が実行されます。このタイミングでアイコンを再設定してやるとちゃんと表示されることが分かりました。

 ジオメトリマネージャの方は対処なしです。取りあえず初期時点のボタンやフィールドの位置を隠しフィールドに書き出して、配置が壊れた時にそれを元に再設定するコマンドを作っておきました。ジオメトリの設定はやり直しになりますが、オブジェクトの配置だけでも元に戻せるのは楽です。とほほ。
 

レンタル掲示板
/70