teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ヴィトン コピー(0)
  2. iphone ケース(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


SNSで最近お友達になった

 投稿者:森耕  投稿日:2018年 6月20日(水)10時08分12秒
返信・引用
  新宿ジゴロ伏見直樹さんが、youtubeに降臨!

1980年代、日本に「ジゴロ」という男のライフスタイルを定着させ、
数多くの「夜の生徒」を育て、最盛期にはファンの女性宅の合鍵を50本!所有し、
映画(日活ロマンポルノ枠で公開された「実録色事師・ザ・ジゴロ」は当時大評判)、レコード制作、オリジナリティ溢れ過ぎる音楽活動(特に「恐山」「悪魔のデート」は、絶品!)・・・と多彩な活躍を続ける、伏見直樹さんに、さいきん痺れています(笑)

著作や映像などを、日々漁っているのですが、そんな伏見さんがこの程、YouTubeに「ジゴロチャンネル」を立ち上げ、悩める我々に「夜の空海」「ジゴロ=イタコ」として、託宣を下さるというじゃあないですか!
ハッキリ言って、大耳族には必見の番組です。
本日夕方6時から第2回公開!みんなで見よう!

https://www.youtube.com/channel/UCIkLZC9pdloZ1RKqOH0ykAg

※一寸でも興味が湧いてきた方は、YouTubeもしくはグーグルで「伏見直樹」と検索して見てください。正直ぶっ飛ぶ美意識の奔流です。

https://www.youtube.com/watch?v=D7y9JGrcEu4

 
 

天然アシッドサイケ白書~No72.6月は雨降りだ!

 投稿者:オサダアツトシ  投稿日:2018年 6月20日(水)02時18分25秒
返信・引用
  梅雨に入ったこの時期と言えば6月は絶対に雨が降らないと水不足になってしまいます。もし梅雨が明けて本格的に暑い夏が来ると海パン履いて泳ぎに行く機会が増えるのです。因みに僕も海水浴よりも市民プールで泳ぎに行く方が大好きなので一応必要不可欠です。これが僕の夏バテ解消法なのです。何もない6月ですが、後もう一息の辛抱です。  

みなさん、今週の金曜は大耳ネットワークの夕べがあります!

 投稿者:大耳 下松  投稿日:2018年 6月19日(火)17時08分5秒
返信・引用
  みなさん、今週の金曜は大耳の夕べあります。
久しぶりの方も、いつもの方も、初めての方も、みんなパピオに集合だ!
世の中はいろんなことが起こっていますが、夕べはいつものようにあります。
また夕べでお会いしましょう!

写真は前回の夕べ。
 

きのうは表現塾でした。

 投稿者:大耳 下松  投稿日:2018年 6月18日(月)12時44分53秒
返信・引用 編集済
  きのうは名島表現塾がありました。
今回も新しい発見があり、キツイけれども楽しい塾になりました。
次回は7月8日です。興味のある方は遊びに来てください。

鳥飼さん、とても貴重なレポートへの感想をありがとうございます!
塾生は毎回かなり苦労しながらレポートを書いています。
読んでくださる方が居て感想までいただけるなんて、凄く幸せです。
彼らの大きな励みになるので、これからも読んでいただけるとありがたいです。

きのうは鹿児島くんが体調不良でお休みでした。

井原さん差し入れありがとうございました。美味しくいただきました。

 

Re: 名島表現塾レポート

 投稿者:鳥飼貴雄  投稿日:2018年 6月17日(日)14時25分3秒
返信・引用
  > No.13927[元記事へ]

安永べんさんへのお返事です。

> 第12期名島表現塾第10回レポート(5月27日)
> 参加者  かずっち  鹿児島  植木  安永  イハラ(見学)ちょこ(見学)


>かっとさんからは安永君はそろそろ自分一人で立てるようにならないとと言う話がありました。
> ただそこにいるということを覚える。中間を意識する。暴れると内向するの中間を意識する。感情でなく生理的に踊る。フロントに立つ、お客さんの視線を受け流す力をつける。等の話がありました。


安永さんへの私個人の印象ですが、眼差しの強い方ですね。
あんな目で見詰められたら、女の子は居竦んでしまうのではないかという感じです。
いやいや、女の子を見るときにはズット優しい眼差しになられるのでしょうけれど。

あの眼差しを役柄にすれば、テレビや映画なら、はまり役がありそうですね。
ご活躍を期待しております。


FINE.
 

Re: 第12期 名島表現塾 第11回 レポート

 投稿者:鳥飼貴雄  投稿日:2018年 6月17日(日)13時33分36秒
返信・引用
  > No.13928[元記事へ]

鹿児島寿さんへのお返事です。


> 第12期 名島表現塾 第11回 レポート (6月3日:記録・鹿児島寿)

いやあ、凄い内容ですねえ。


> 演劇とは哲学と近い。
> <自分とは何か?何故いるのか?>を問い続ける。

かっとサンのことを師匠と呼ぶ方もいらっしゃいましたが、
なるほど、これからは下松先生とお呼びしなければいけませんね。

一度読んだだけでは不十分、何度も読み返さなければ。

貴重なレポートを有難う御座いました。


FINE.
 

みなさん、今日は名島表現塾があります。

 投稿者:大耳 下松  投稿日:2018年 6月17日(日)09時38分8秒
返信・引用
  みなさん、今日はウチで昼の3時から夜の10時まで名島表現塾があります。
今日も基本から応用まで深く表現に切り込んで行きたいと思っています。
興味のある方は是非おこし下さい! 参加費2000円です。

sawaくん、お久しぶりです。
長崎で活躍してますねえ、素晴らしいと思います。
僕は最近ずっと喘息が悪化していて苦しんでいましたが、凄く元気をいただけました。
どうもありがとう!
また機会があったら夕べに遊びに来てください!

いけだくん、新作短歌の投稿をありがとう。
僕は「街路樹の力強さよあちこちにレンガの歩道を隆起させをり」が好きです。
自然の力強さを感じさせてくれる傑作だと思います。

鳥飼貴雄 さん、コメントありがとうございます。
9月の大耳ライブはよろしくお願いします! 楽しみしています。

安永くん、レポートご苦労様でした。
唐十郎の名前が間違っています。人の名前は確認した方が良いと思います。

鹿児島くん、非常に重量感のあるレポートご苦労様でした。
安部公房の字が間違っています。人の名前は確認しましょう!

写真は前回の名島表現塾
 

第12期 名島表現塾 第11回 レポート

 投稿者:鹿児島寿  投稿日:2018年 6月17日(日)05時34分59秒
返信・引用
  第12期 名島表現塾 第11回 レポート (6月3日:記録・鹿児島寿)

参加者:かずっちさん、安永君、植木さん、鹿児島、井原さん

【掃除】
みんなで手分けして掃除していきます。

【体操】
2人1組で柔軟体操。その後、筋トレ(左右の横腹筋、腕立て伏せ、腹筋、背筋、足上げ、スクワット)

【脱力】
〈上半身の脱力〉
立った状態で深呼吸してから上半身の力を抜いて脱力させます。もう一人がその体を左右に揺らしたりして脱力を促します。上半身が十分に脱力したら草木が伸びるスピードで起き上がっていきます。
〈寝にょろ〉
仰向けに寝て、もう一人が体を揺らし脱力させていきます。。

※井原さんも参加。筋トレの抑えるのを手伝ってもらったり、脱力は一緒にしました。

【歩行訓練】
上半身を少し落とし膝を少し(結構)曲げた状態を維持しながら超スローで歩く訓練。
前回からやりだしているのですが今回は段差もいれました。
目線を一定の高さに維持、頭の位置をブラさずに歩く、つまり滑るように移動していく。
一歩の距離を出すため結構状態を落とし(膝を曲げ)歩幅を広くする。
腰を落としたまま、というのは腰が安定しないから結構ぐらぐらする。
最高に面白いですこの訓練。
なんか、飽きない。一日でもやってられそう。
集中にも良い。
筋トレとは別の方向の訓練。筋トレも超スローでやると集中にいいかも。ただ筋トレは筋力を上げるためなので二つを求めて筋トレするのも違うかも。

【発声】
まずは目の体操から。上下左右、右回り、左回りの順番で目を動かし目の動きを良くします。

声を出しやすくするために顔や首の筋肉を手でもみほぐします。
・深呼吸してから口を閉じて「んー」、口を閉じた状態から徐々に口を開けて「んーあー」、始めから口を開けて「あー」
僕は久しぶりに3回とも1分を越えれました。今日は集中して行うよう心掛けた。
・「ハッハッハッ」と一息ずつ切りながら勢いよく発声 。かずっちさんの声がいい。
・五十音の発声。

【ホーミー】
みんな様々模索しながらやっています。

【休憩】
安永君、レポートが苦手。逆にレポートを利用して出来るようになってやるというつもりになるといい。
<うまくやろうとしない>重荷になる。
<ただやればいい>ただやれば力になる。
やれば書くことでカットさんの言葉を覚える。考え方、切り抜け方、思考法。
やれば結果的に自分のためになる。でも自分のためだけじゃできない事の方が多い気がする。何故か。自分のためになると信じてないからか。わかっていてもできない。
今の自分がかわいいからか。今の自分がきつくなるのが嫌だから。やりたくないに流れる。やればいい。やればできる。言葉を書けばいい。だけなのに難しい。やりたくないことをやる方法は難しい。

カットさん夕べの感想を書いてる。
みんなのやったことを言語化。

<嫌な事をやるしか伸びる道はない>

かずっちさん。
私もレポートめんどくさい。でもレポートするとその時を思い出すのがいい。一言しかメモを書いてなくてもディティールも思い出す。
植木さん。
これは今の僕にはわからない。と書けるのは力がある。ダメな自分、出来ない自分を認識する力。それは凄くいい事だし凄い事。
<自分を客観化して言語化する>

安永くん。
俺、そもそも客観化ってのがわからないというか苦手。だからレポート苦手なんだと思う。そもそも客観ってなんなんだ、みたいな。わかるけどわからない。

<頭から言葉が外に出る。>文章化。その事に意味がある。
鏡を見るみたいな事。

世阿弥。<離見の見>(りけんのり)
「世阿弥が能楽論書「花鏡」で述べた言葉。演者が自らの身体を離れた客観的な目線をもち、あらゆる方向から自身の演技を見る意識のこと。反対に、自己中心的な狭い見方は「我見(がけん)」といい、これによって自己満足に陥ることを厳しく戒めている。現在でも全ての演技にあてはまることとして演者に強く意識されている。」

離れて見れること。観者として。
レポート行き詰る、それもいい。それでその次へ行くこと。
自分で突破口を見つけてほしい。

カットさんも文章が苦手でだから自分への宿題として夕べの感想、塾の感想を書いている。

<メンドクサイと思うことは自分にとって大切な事>

<やりたくない事をやる事でしか力がつかん>

僕もそう。やりたくない事やる事で自分を律してやってく。客観性。


安永君。
塾のレポートを猿ページするってなったときも、コピペして貼り付けるというだけなのにすごく嫌だった。思い出すのが、振り返るのが。一部が目に入るだけで思い出してしまう。そもそも客観視するのがつらい。この場を思い出す、浮かぶのがつらい。
もしかしたら絵が描けないのもそれかもしれない。今やっているのは切って貼るのが楽しくてやっているだけだから。自分が世界をどう見てるとか考えたくない。


それでもやっている。来てる。続けている。やっている。それが大事。
<曲がりなりにも○○が出来る、というのが凄く大事>
<ちゃんとしたものやろうと思うとつらくなる。>
<誰かと同じようにやろうとか>
「曲りなりにも」が凄く大事。

人を受け入れるのが嫌。
人を受け入れないと行き詰る。他者を受け入れる事。自分だけの世界では生きてはいけない。
演劇とは他者の書いたセリフを自分の言葉のようにしゃべらないかん。受け入れる事。他人の書いた脚本を。
そこが演劇の今の意味。

演劇とは哲学と近い。
<自分とは何か?何故いるのか?>を問い続ける。

コミュニケーション、会話。体を通して言葉を発する。
自分以外の人の主観を自分の主観のように。
自分の肉体も人の言語を通して動かす。

演劇を通して伝えていってほしい。
場で語り合う事。

「本番はどうでもいい」
というのも一つの考え。作り上げる場で起きることが大事。過程が大事。稽古場が大事。

客観とは主観とは。こういうことを話しているこの場がいい。
私とは、あなたとは。
それを身体を通して確認していく作業。

阿部公房、グロトフスキー。


かずっちさん。
自分はあきらめたくないと思ったから。「自分はこうだから」で諦めたくなかった。
意地みたいなもの。自分で決めてやってったらある程度は出来る。
意地も大事。

鹿児島。
今週1週間これをするって決めてやった。
<自分でテーマを決めてやるのも大事>

かずっち。
「何かしらこれは負けないぞ」ってのが見つかると自分の中で力になる。自信。


安永君。
長崎ライブが出来なくなったので落ちてた。気にしてないつもりなんやけど。

<気にしてないつもりで、とかよくない。気にしていいんじゃない?>

<私がやめって言ったときはそこでやめる>
そこでOKラインまで来てるからだし、他の仕事が進まなくなるし、色んな意味でそこまで、と言っている。

こっちせないかんかったのに、これをやり続けていたんだなー。ってのが客観化。


<塾生が伸びていくのが私の楽しみ。>


【楽器練習】
植木さん/ギター
かずっちさん/サックス
安永君/キーボード
鹿児島/ベース

リズムボックスでCコード、ゆっくりと早くと。
植木さん。ストロークが苦手。
鹿児島。アップが苦手。
力を抜くこと。抜くためにはたくさん弾くこと。

E,A,B7,がロックンロール。
次回やってみよう。

Am、日本人が好き。

ジャーマンロックのクソ明るいのもいい、とのこと。


【セット】
踊り/安永君、鹿児島。 演奏/かずっちさん、植木さん
統一感があった。音と踊りがあっていた。
合いすぎでもあった。独立心を持って踊れば合ってても良し。
演奏。よかった。のびのびやっていた。

踊り/かずっちさん、植木さん。 演奏/安永君、鹿児島。
かずっちさんが激しく、植木さんがひょうひょうと。この対比がよかった。「踊らなきゃいけない」を越えて「踊るんだ!」で踊っているのがすごくいい。
かずっちさん。すばらしい。
植木さん。塾生になってから踊りがよくなっている。
演奏。水の音とキーボードがすごく深くていい音を出していた。
名場面がいくつもあった。
<死に物狂いで踊るべし>

【劇作】
かずっち&植木組
役人がどんどん色んなものに税金をかけていく。払えないと虫やら動物やらに魔法で変えられていく。最後に残った役人と王様。ついには王様も税金が払えなくて物になる。
というお話。
同じ展開の繰り返しで話が進んでいくのが面白い。
かずっちさんの演じ分けする色んなキャラクターとズーっと同じテンションの静かな役人の植木さんとの対比がおもしろい。
植木さんの声がよくなっていた。


安永&鹿児島&井原組
井原さん初参加。
おじいちゃんが倒れてて助けに入った女性と男性。病院でおじいちゃんを待っている間に話が盛り上がる二人。女性は男性に職を紹介するという。そこは水道局。下水を浄化してきれいにするお仕事だと。やって見せる女性。ストローを咥え口で咀嚼し浄化する。男性もがんばってやってみる。これでこの女性と仲良くなれるんだー!そこへ女性のケータイが鳴り。「あ、旦那からの電話だ」。男はがっかりする。
というお話。
本人たちが思うよりも意外と楽しまれていたのがびっくりだった。観客が勝手にそれぞれストーリーを想像して楽しんでいるのがおもしろい。
すごく下世話な話をやってお客さんの頭の中でホーリーマウンテンだと解釈されている、というのが愉快な作りだったと思う。
そういうストーリーの見せ方おもしろい。別のものを見せて別のものを想像させる。
すごく単純なストーリーですごく深いものを見せる。解釈をさせる。
いまおかしんじっぽくもあったような気がする。


【食事】
カットさん/ごはんとみそ汁
安永君/そうめん
かずっちさん/なすと厚揚げの味噌煮
植木さん/ブロッコリーと海鮮の炒め物
鹿児島/(買ってきた物)角煮、生姜焼き、エビチリ

【脚本家研究】
植木さん/筒井康隆「12人の浮かれる男」

筒井康隆を読んでみたくなった。
植木さんはまず5冊、戯曲を買ったとのこと。寺山修司など。
で選別した上でこれにしようと決めたとのこと。
そしてレポートにして言語化し目で見てわかるように発表しているのがすごかった。

SF御三家。星新一、小松左京、筒井康隆。

作家や別の作品についての説明もしながらとても面白く語って下さいました。

すばらしい【脚本家研究】でした。




~今日の活動はここまで~


**名島表現塾では新しい塾生を募集しています**

体験入塾特別料金、1回につき、2000円です。
新たな表現を模索している方、初めて表現に触れたい方、ぜひお越し下さい!

次回の表現塾の活動日
6月17日(日)  15時からです。

★次回持って来るもの
・画材
・楽器
・料理

*活動は基本は毎月第1・3日曜日(変更有り)
*参加費は、
塾 生 /ひと月4000円(ひと月二回参加)
体験入塾/一回2500円 です。
(上記の通り今だけ2000円で体験できます!)

*時間は15時~22時位まで
*場所は名島神社の下、下松邸【連絡先:092(673)4156】
*途中帰宅も可(要相談)

詳しくは、mixiの名島表現塾コミュニティ
PC版 http://mixi.jp/view_community.pl?id=2792351
携帯版 http://mixi.jp/view_community.pl?&id=2792351
をご覧下さい。

最後まで読んで下さりありがとうございます。
 

名島表現塾レポート

 投稿者:安永べん  投稿日:2018年 6月17日(日)03時52分21秒
返信・引用
  大変遅くなり申し訳ありません。第10回のレポートをアップさせて頂きます。

第12期名島表現塾第10回レポート(5月27日)
参加者  かずっち  鹿児島  植木  安永  イハラ(見学)ちょこ(見学)

今回は久々にちょこさんが見学として参加してくれました。
僕は仕事の関係で4時頃から参加しました。清掃は終わったところから参加しました。

○筋トレ、脱力、歩行訓練
今回から新メニューとして歩行訓練をしました。ひざを曲げて腰を落とし、前を向いて姿勢を正して摺り足で歩きます。ただ歩くだけですが、集中力を使い膝が痛くなります。演技は足腰、新人さんが増えたことでまた基礎から鍛えていきます。
○発声・ホーミー
○楽器練習
ベース 鹿児島 自分が出した音が間違っているのがわかるというのが大事。音を出してみないとわからない。
サックス かずっち 「演奏するのがキツい」と言うことを積み重ねることが大事。夕べでも演奏していて日にちが近いのが良かった。
ギター 植木 一年ぶりくらいにギターを弾いた。スカスカの間が良かった。
キーボード 安永 キーボードはみんなが出していない隙間の音程を狙って出すと良い。

今回一回を少し長めに7分くらい演奏しました。でも、練習で20分くらいは平気で演奏できないと本番では10分演奏できないので、長く練習をするのは大事です。
また、和音を大切にするのもいいが、はずした方がいい場合もある。
クラシックは和音の歴史
ロックは不協和音の歴史
などの話がありました。

○演奏と踊り
踊り 鹿児島 植木 演奏 かずっち 安永
踊りにまとまりがあって楽しそうだった。植木さんが踊りになってきていた。植木さんが海老反りになっているところが名シーンだった。見えないはずなのにシンクロしてた。植木さんの踊りが技術がないからこその懐かしさ、原始的な感じかした。踊りというより儀式のようであった。
鹿児島君は塾に来たときから「集中が心地よい」という状態にあった。自分を開いたまま集中しようとおもっていた。核がつかまえられない感じだったといっていた。ただ塾長曰わく悪くない状態だった、とのこと。
演奏は粘りが良かった。ボイスも良かった。やってて面白いと言う感じが伝わってきた。

踊り かずっち 安永 演奏 鹿児島 植木
演奏は全体的に不思議な楽しさがあった。最初の音が良かった。ボイスの展開の仕方が良かった。ただ、終わりが踊りがまだ終わってないところで終わっていた。終わらせるのは難しい。終わるサインを演奏側が送ってやる。例えばリズムをだんだんゆっくりにしていったりする、などすれば終わらせられる。
ある時は激しく、ある時はゆっくりと言うのが技術。そういう技術は持った方がいい。
踊りはかずっちさんが安永を引っ張っていっていた。かっとさんからは安永君はそろそろ自分一人で立てるようにならないとと言う話がありました。
ただそこにいるということを覚える。中間を意識する。暴れると内向するの中間を意識する。感情でなく生理的に踊る。フロントに立つ、お客さんの視線を受け流す力をつける。等の話がありました。

○絵
かずっち 植物のような切り絵。植物のようなうねりがある。地の画用紙の黒色のかすれがいい。
鹿児島 洞窟から光が池に注ぐ様子。洞窟のおどろおどろしさと池ののどかさの対比が面白い。
植木 四角をポスカで塗ってみた。やりたいこと、コンセプトがはっきりしている。
安永 切り絵。新聞紙にチラシの文字や野菜などをはりつけてみる。

○食事
植木 カツオの生姜焼き
鹿児島 牛肉とニラの炒めもの
かずっち アボカドトマトサラダ
安永 野菜炒め

○脚本家研究(鹿児島)
唐十朗
鹿児島君が読んできた唐十朗の脚本の話をしました。
ストーリーはわからないがなぜか感動する。訳もなく感動。なんだかわからないが感情移入してしまう。あとがきが素晴らしい。
かっとさんからは、かつて観た黒テントの芝居の話や唐十朗の脚本は別の世界へ連れて行く力、お客さんが現実から幻想へ吸い込まれる力がすごい。一番最初のシーンをリアルに描くことでリアルの説得力が出る。文章で読むとわかりづらいが、声に出すと良さがわかる。舞台セットに有り得ない仕掛けがしてある(例えば冷蔵庫の中から10人くらい人が出てくる)などの話がありました。

今回はここまで
 

Re: お久しぶりです!

 投稿者:鳥飼貴雄  投稿日:2018年 6月16日(土)23時09分38秒
返信・引用
  sawaさんへのお返事です。


ご活躍のご様子!何よりです。

私も夕べに復帰しておりまして、
何と、9月の大耳ライブ出演のお声かけも頂いております。
何とか格好を付けたいと前向きに取り組んでいる最中です。


> 今年は何やら気候がおかしな感じですが、これからまた猛暑の季節になりますね。
> 皆様くれぐれもお体に気を付けて、それぞれ頑張っていきましょう~!!

身体最優先の日々を心掛けております。
歳も歳なので“頑張る”のは控えておりますが。

では、いずれまた!


FINE.
 

レンタル掲示板
/813